ブログ

テンポを変えても音程を変えない技術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ボーグミュージックでは、再生速度を変えても、音の高さを変えないことができます。

 

音声は、速くすることも遅くすることも、任意の時間で可能です。

音声であれば、ナレーションでもミュージックでも可能です。

動画の音声からでも、調整できます。

 

では、ナレーションと音楽で、それぞれ具体的な活用例を挙げておきます。

実際の音は動画で、ご確認ください。

ナレーション

「忙しい受験生の勉強効率アップ、シニアさんの生涯学習に。」

:ナレーションの読み上げ時間調整:

<例1>「速くする」:時間がない中で、多くを覚えたい受験生の学習に。

<例2>「遅くする」:じっくり学びたい、シニアさん向けの朗読などに。

 

ミュージック

「ダンスの練習や、YouTube動画の音源制作に。」

:楽曲のテンポ調整(音程は変えない):

<例1>「速くする」:限られた時間で最高の演技を目指す競技会などに。

<例2>「遅くする」:ゆっくりテンポで自分のペースで練習したい方に。

費用

費用は、1ファイル5000円から可能です。

ご依頼・お問合せ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*