ブログ

音楽機材厳選レビュー「Studiologic Sledge 2.0」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

音楽機材厳選レビュー。今回は、Studiologic Sledge2.0のご紹介です。

黄色いパネルが目を弾く、可愛いヤツ。

機材は、見た目も大事ですよね。

そして、中身もパワフルです。

それでは、音の面にも触れていきましょう。

Sledgeは、イタリアの鍵盤メーカーFatar(ファタール)が手がけるアナログ・モデリング・シンセです。

サウンドモジュールには、あのWaldorfのモデリング技術「デジタル・シグナル・プロセッサ」を採用。

フロントパネルのツマミをグリグリ回せば、直感的に音の変化を楽しむことができます。

そして鍵盤部は、Fatar製鍵盤(TP/9S Synthersizer)を採用。

この鍵盤はAccess、Nord、Novationなど歴代の名機にも採用されている、実績と評判に満ちたタッチです。

最後に、このSledge 2.0の特徴の1つに「オートデュアルモード」の搭載が挙げられます。

この「オートデュアルモード」は、同時に2つの異なるサウンドをプレイできるようになりました。

このサウンドの組み合わせは、プリセットとして保存が可能です。

価格もシンセとしてはリーズナブル。

この音色とビジュアルと操作性で、きっと創作意欲が上がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*