ブログ

【厳選】音楽制作用ヘッドフォン6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

音楽制作に使えるヘッドフォンを厳選してご紹介いたします。

SONY MDR-CD900ST

大抵のレコーディングスタジオに備えられている、超定番ヘッドフォン。
アーティストの方も、録音時には、これで聴きながら歌うことが多いです。

ローエンドは控え目で、ポップス系の中域が聴きやすい張りのある音質。
掛け心地は比較的軽めです。

交換パーツも充実しており、長く愛用できます。

歌を録音する方や、アーティストの聴いた音質で音楽を聴いてみたい方は、これで決まりです。

Victor JVC HA-MX100V


前述のSONY MDR-CD900STと比肩する新・定番機種。
低音の表現力は、こちらの方が優れています。

「Produced by VICTOR STUDIO」の名の通り、
ビクタースタジオのエンジニアによる音質チューニング。
全体的にバランスの良い音質で、犬のマークが目印です。

ハイレゾ対応モニタードライバーユニットを搭載。

様々なジャンルを聴くなら、これで決まりです。

STAX SRS-3100

コンデンサー型イヤースピーカーのSTAX。

一般的なヘッドホンとは構造から全く違う製品で、格段の音質。

振動膜に静電気を発生させることで振動発音する原理を持ちます。
振動膜は、一般的なヘッドフォンの発音体に比べて非常に薄いため、微小な音楽信号に対して忠実な再現力を持つという大きなメリットがあります。

開放感もあり、理想的なスピーカーが耳の近くにある感覚です。

メーカーサイトには、アークAssyやイヤーパッドの交換パーツもあり、長く愛用できそうです。

高音質にこだわりたい方や、音楽制作する方にオススメ。

PHONON SMB-02

“ヘッドホンの聖杯”と賞賛される最高のチューニング。
空間表現力、低域再生に優れヘッドホンでのミキシングに最適なスタジオモニター仕様。

メーカーサイトには、ヘッドバンドやイヤーパッドの交換パーツもあり、長く愛用できそうです。

ダンスミュージック制作者やクラブDJに人気の逸品。

Tago Studio T3-02

“持ち歩く、究極のナチュラルサウンド”を妥協することなく追求。

レコーディングスタジオなどの音響建築に採用される”BOX-IN-BOX構造”をイヤホンに応用。
イヤホンの中に、もう1つのイヤホン(コアユニット)を設けることで、遮音性能を大幅に引き上げています。

響きがナチュラルで遮音性も高いイヤホンです。

外出時のサウンドチェックにオススメ。

ADAM AUDIO SP-5

ADAM AUDIOとULTASONEというエンジニアリングに強みを持つドイツメーカー2社の共同開発。ドイツでハンドメイドで生産されています。

2年保証ですが、MyADAMにユーザー登録することで、5年保証になります。
キャリングケースと着脱式のケーブルが2本(ストレートケーブルと長めのカールケーブル)が付属しています。

ADAM AUDIOのモニタースピーカーと音像が近いため、同社のモニタースピーカーをご利用の方は、非常にスムーズに制作できます。

ADAM AUDIOの音質がお好きな方、導入を検討している方に。
より詳細なレビューはこちらをご覧ください。

まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*