ブログ

Mac用トラックボール/トラックパッド比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

名だたるエンジニアたちが使用するプロ御用達のケンジントン(Kensington)のトラックボール と、Apple Magic Trackpad 2を比較して、目的別にご紹介いたします。

Kensingtonトラックボール のメリット/デメリット

<メリット> スピード感溢れる操作性では、断然ケンジントンのトラックボールです(数日〜1週間くらいは慣れが必要です)。特に、カーソルの移動の速さと、細かいポインティングにおいて、右に出るデバイスは、ありません。また、専用の無償ソフトウェア「 KensingtonWorks for Mac 」をインストールすれば、お使いの様々なアプリケーション毎に、ボタン操作を設定できます(非常に便利)。嬉しい左右両利き対応です(私は右手で鍵盤やペンを使うことが多いため、左手で使いやすいポインティングデバイスが必須となっています)。

<デメリット> 手汗の激しい方には、時々ボールを外して拭くことが必要です。ボールの付け外しは、ボールを外す/置くだけですが、多少面倒です。

Apple Magic Trackpad 2のメリット/デメリット

<メリット> 「 Apple Magic Trackpad 2 」は、お洒落感があって、まったり優雅に操作したい方に適します。また、Mac OS特有のタップ、スワイプ、ピンチ、スマートズーム、拡大/縮小などの、Multi-Touch ジェスチャを使うことができるのも魅力です。嬉しい左右両利き対応です。

<デメリット> 細かい操作を素早く繰り返し行うことは困難です。また、手汗の激しい方には、パッド面を時々ハンカチ等で拭くことが必要です。手汗でポインティングができなくなることもありますので、多少面倒です。

Apple Magic Trackpad 2とApple Magic Mouse 2の違い

「 Apple Magic Trackpad 2 」に出来て、「Apple Magic Mouse 2」には出来ない機能(Mac OSの仕様に準ずる)としては「タップでクリック」や「3本指でドラッグ」が、あります。

  • 「タップでクリック」は、1本指で軽く触れるだけでクリックできますので、力感なく作業できます。
  • 「3本指でドラッグ」は、「パッド面に3本指で触れて、そのまま左右に動かすだけ」でドラッグできます。

特に、ドラッグ&ドロップを繰り返し行うような場合、「Apple Magic Mouse 2 」ですと、クリックを維持したままマウスを動かす必要がありましたので、指や手首周りに力を入れ続ける必要があり、疲労が溜まる動作でした。

しかし、「 Apple Magic Trackpad 2 」では、脱力して作業できますので、すぐに解消できます。但し、動作が緩やかでお洒落になるので、サクサクと「ドラッグ&ドロップ」を繰り返すような、スピーディーな作業には適していません。

【大画面で、大胆かつ繊細にカーソルを動かしたい方】

「ケンジントン ExpertMouse 64325A(有線)」がイチ推しです。

仕事用には、Bluetoothの不具合とは無縁で、電池交換なども必要ない、有線接続を推します。

移動がある方は、無線の「Kensington ExpertMouse K72359JP」をどうぞ。

ケンジントンには、大小様々なトラックボール がありますが、デスクトップで腰を据えた仕事を行うなら「ExpertMouse」が一番です。

モバイル向けなら選択肢が広がりますので、一応ご紹介しておきますね。

【まったりリラックスして、お洒落に作業したい方】

唯一無二の存在である「 Apple Magic Trackpad 2 」が、あなたのベストパートナーになるでしょう。

「急いでも慌てても仕方ない。落ち着いて良質な仕事を。」と、語りかけてくるような優雅な操作感が魅力です。

【結論(最強)】

カーソルの操作をケンジントンのトラックボール(デスクトップなら「ExpertMouse 」)で行いつつ、「 Apple Magic Trackpad 2 」をMulti-Touch ジェスチャ専用機として併用するのが最強です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*